知っておきたい湿気のこと

図1

相対湿度

相対湿度とは、現在の気温で水蒸気が飽和状態になったと仮定したときの水蒸気量に対して、実際に含まれている水蒸気量の割合を%RHで示したもので、概念的には右図のようになります。

結露のメカニズム

空気中には水分が含まれており、水蒸気の状態で存在しています。空気中に蓄えておける水蒸気の量(飽和水蒸気量)は温度によって決まり、温度が高いほど多く、低くなるに従って少なくなります。
「結露」とは、湿った暖かい空気が冷やされることで、空気中に蓄えておけなくなった余剰の水蒸気が水滴となる現象です。結露を防ぐためには、この「余剰の水分」をすばやく取る必要があります。

ベルサニー®は置かれた変化に敏速に対応し(余剰水分を吸収)、結露の発生を防ぎます。

カタログダウンロードご希望の方はこちら